IDC レポート: サービス提供用インフラストラクチャ – 加入者サービスを強化するためのオープンソース基盤

Argomenti: MySQL Cluster

CSP事業者 (通信サービスプロバイダ) は、現在、通常必要とされる投資や時間といったコストを低く抑えたテレコムグレードのインフラ構築に取り組んでおり、CSP事業者にとって戦略的ゴールと適合させる際に、オープンソーステクノロジが重要な役割を果たしている。

IDCとMySQLによる最新の調査結果であるこのホワイトペーパでは、次世代のネットワークサービスインフラストラクチャの供給にあたり、CSP事業者やテクノロジプロバイダがどんな場所に、また、どういう理由でオープンソーステクノロジを採用しているかについて解説します。

この IDC 調査レポートでは、以下のような洞察を解説しています:

"オープンソースの採用は、ライセンス料の抑制、使いやすさ、必要とされるリソースの削減、そして何よりも柔軟性において、確実な効果がある。さまざまな業種の導入事例も増えてきており、サービスプロバイダは、それらの経験を基にセキュリティ/拡張性/信頼性について実証済みのオープンソースも積極的に活用するようになってきた。"

"予算縮小という状況の中で、Web2.0戦略を推進しつつ、加入者によるソーシャル/コラボレーティブなコミュニケーションアクティビティの急増に対応するというビジネス上の有線項目に対して、オープンソースは極めて適している。"

今すぐIDCホワイトペーパを読む: